カードローン申込み前にこれだけは知っておきたい

カードローンはいざという時の備えとしてはとても役に立ちます。しかし、これから申込みをするという人に知っておいてほしいのは、カードローンで失敗する人もいるという事実です。カードローンで借りるお金は借金なので、いつかは返済しなければなりません。

 

 

カードローンを利用する前に、失敗しないために知っておきたいポイントは3つあります。

 

名前を知らないような所からは借りない

現在のカードローンは、法律で上限金利が引き下げられたので、それだけ低リスクで借入れができるようになりました。法定金利の20.0%を超えた金利で貸付けを行うと、営業停止などの厳しい処分を受けます。

 

しかし、世の中にはこれ以上の利息を平気で取る、闇金融も存在しています。闇金融とは、貸金業として正規に登録していない貸金業者です。金利も年利20.0%という上限をはるかに超えた金利で請求してきます。もちろん利用してはいけません。

 

カードローンを申込む時には、誰でも名前を知っているような大手を利用するのが安全です。カードローンに疎いからといっても、名前を知らないような所から借りるのは危険です。

 

利用が初めてでカードローンのことがよく分からない方は、TVCMでも見るとにかく有名なアコムに申し込みをしておけばとりあえずは安心です。

 

複数社に同時に申込まない

カードローンの申込み時には審査があります。審査が不安だからといって、複数のカードローン会社に同時に申込む人もいます。審査に通った所から借りればいいやと考えるかもしれませんが、これもやってはいけません。

 

借りる側としては、複数へ申込みをしていた方が借りられる可能性が上がると感じますが、実際は逆です。複数社への申込みによって、申込みブラックという状況になってしまう可能性があります。

 

そもそも複数社への同時契約を申込む人は、カードローン会社から警戒されます。1つは返済能力です。複数社から借りないと困るほどお金に困っているなら、返済もできないのではないかと疑われてしまいます。

 

もう1つの理由は不正契約です。初めから返す気がなく、だましと取ろうとして、もしくは悪い人に脅されて、無理矢理複数から借入れをしようとしている可能性もあります。

 

カードローンの申込み情報も他社には筒抜けなので、複数社に同時に申込んでもすぐにばれてしまいます。

 

借り過ぎない

カードローンを申込む時には、これは借金だという意識を持つのが大切です。当たり前だと思うかもしれませんが、実際にカードローンを利用していると、まるで自分のお金のように錯覚してしまうケースが実際にあります。

 

カードローンと自分の預金口座、両者ではお金の引き出し方法がほとんど同じです。ATMも提携している所が多く、コンビニなどでも引き出しが可能です。ATMにカードを入れて、暗証番号を入力して、希望金額を入力すると、お金が出てきます。まるで自分のお金のように錯覚してしまうのも、無理はありません。

 

そして、カードローンの契約を行うと、借入額に応じた返済をしていきます。返済額は毎月の負担になるので、誰でも気になる金額となります。ここが難しい所で、カードローンを利用していると、今の借入残高よりも、今月いくら返済すれば大丈夫だという、その月のお金のやり繰りに注意が言ってしまいがちです。こういった考え方で利用していけば、カードローンで借り過ぎてしまう事態にも陥りやすくなってしまいます。

 

ちょっと欲しいものがあった、でもお金がない、カードローンで借入れをしようか、今回5万円借りても、返済額はそれ程変わらないだろうから借りてしまおう、と安易に借りてしまいます。

 

問題なのはその場その場で返済できる程度まで借りる点です。お金が必要な場面も、今すぐにカードローンで借入れができる場面も、これから何度でも出てきます。しかし、借り過ぎれば後々の負担が大きくなるので、借り過ぎてはいけません。

 

それでも借り過ぎてしまった場合には、返済の負担を軽くして今後の支払い計画を立て直していくことを考えるべきです。今の金利では返済が苦しいのであれば借り換えとしての借り方を模索し、適するカードローンを選ぶことで安心の返済で完済が目指せます。