借り過ぎない人の使い方

カードローンで失敗しないためには、借り過ぎないというのがとても大切です。カードローンの借入れは、まるで自分の口座からお金を引出すように行えます。そのため、ついつい自分のお金のように借りてしまうのです。

 

実際、ついつい借り過ぎてしまって毎月の返済に追われる人と、必要な分だけ借りて便利に利用している人に、はっきりと分かれる傾向にあります。賢く使っている人と同じ使い方をすれば、カードローンで失敗はほとんどなくなるはずです。賢く利用する人は少ししか借りないのか、確かにそれも重要ですが、本当に重要なのは借入れよりも返済にあります。

 

カードローンで借入れをすると、借入金額に応じて約定返済額が決まります。10万円かりたら毎月5,000円、30万円借りたら毎月9,000円、といった具合に約定返済額が設定され、その金額を毎月返済しなければいけません。

 

カードローン利用者の多くは、約定返済額を額面通りに返済します。それ以上返済する義務はないからです。

 

しかし、賢く利用する人は、約定返済額に関係なく、サッサと返済してしまいます。借入れが少なければ給料日後に一括返済し、それが難しいとしても、積極的に多くの返済をおこなっていきます。いつも借入残高が少ないので、利息がかかりにくいというメリットもあります。

 

計画的に使っている方はカードローンの申し込みの時点でしっかりとした見通しを持っているので、契約後も計画や返済のスケジュールに沿った利用ができるのです。